インクジェットコラム

InkJet技術に関する誤解 【No.4】 試作機でサンプルが作れたので、製品化や量産化は近い

インクジェット技術については、技術情報があまり公開されていないこともあり、多くの誤解された内容を耳にします

試作機でサンプルが作れたので、製品化や量産化は近い

装置化して、ヘッドに充填した液をパターニングしたらそれなりのサンプルができた、というレベルまではそれほどハードルは高くありません。

実は本当のインクジェット開発のスタートはここからが本番と言っても過言ではありません。

なぜなのでしょうか?

インクジェット技術は複雑に絡み合う様々な要素の集合技術であり、これら各要素の部分的な最適化を行っても安定した再現性のある結果が得られないのがインクジェット技術なのです。

インクジェット技術には数多くのパラメータが存在します。
多くの研究者はこの再現性の乏しい実験を行う中で、様々なパラメータをふりながら実験を進めれば進めるほどこのパラメータの海で溺れ、インクジェット技術の本質をつかめずに退場していくのです。

溺れないためには、いかにこの技術の本質に早く到達できるかです。


特注装置・生産装置に関する詳細なお問合せは、以下にご連絡ください。

お問い合わせ先

株式会社マイクロジェット 技術営業グループ