プリンテッドエレクトロニクス用機器

プリンテッドエレクトロニクス

インクジェット技術の応用分野としては、2000年頃よりエレクトロニクス分野を中心として、電子デバイスへの応用検討がなされてきました。
特にプリンテッドエレクトロニクス分野ではインクジェット技術が本命技術として注目を集めており、現在においてもナノ粒子などを使って回路形成を行うなど工業応用において研究開発が盛んな分野の1つです。
印刷機(プリンター)は電子機器でもあり、電子機器メーカーの多くは電子部品とも関わり合いが深いため、自然な流れで電子デバイスへの応用が検討されてきた面もあります

プリンテッドエレクトロニクス用途インクジェット装置

センサー作製や回路形成、薄膜塗布等の研究用途に適した装置がラインナップされています。

各装置の搭載ヘッドはシングルノズル、シングルノズル+マルチノズル、マルチノズルから成ります。
必要する描画エリアや目的とするラインなどのサイズに応じて複数の装置があり、2種類以上のヘッドを搭載することで、研究開発のフェーズなどに応じて装置をアップデートすることが可能です。

プリンテッドエレクトロニクス用機器一覧

インクジェットは研究目的に応じて最適な装置が異なりますので、目的よりご選択ください

初めてご使用を検討される方は
「選び方ガイド」へ