機器・ソフトウェア

シングルセル分注機

x.sight

高速・高確率の細胞分注で研究を大幅に効率化

商品説明

本装置は、細胞株開発やシングルセル解析において、ウェルプレートに細胞を1個ずつ入れる工程を、従来の限界希釈法やセルソーター等の方法に代わって、高速に高精度で行うことを可能とした自動細胞分注装置です。
1細胞分離工程を大幅に効率化し、かつ1細胞の存在確率や生存率を大幅に向上できるため研究開発の効率化や信頼性向上に貢献します。
標準機種であるc.sightに対し、b.sightでは1バクテリアの分注が可能で、バクテリアの分離工程を大幅に効率化し、かつ1バクテリアの存在確率や生存率を大幅に向上できるため研究開発の効率化や信頼性向上に貢献します。また最近注目を集めいているバイオマス発電に用いられる藻類の分離にも対応しております。
f.sightでは、青色レーザーを搭載し、蛍光を視覚化し、蛍光の有無によって1蛍光細胞を分離することができます。レーザーは分注される瞬間に照射されるため、細胞へのダメージはほとんどありません。
これらの装置はディスポーザブルカートリッジを採用し、分離操作ごとの装置調整や流路洗浄などの手間がかからないことが特徴です。
コンタミのリスクもなく、ユーザーは細胞毎にカートリッジを交換するだけですぐに実験を開始することができます。
従来機に比べ大幅に小型化し、シングルセル解析用途で使用するPCRプレートにも対応した新製品です。

特徴

  • インクジェット技術を応用した新方式の細胞分離
  • 96ウェルに3~7分で分注し、注入確率は90%程度
  • 標準・PCRタイプの96、384ウェルに対応
  • セルソーターに比べて細胞への負荷を低減
  • 10分以内でセットアップや細胞液の交換が可能
  • 滅菌処理ディスポカートリッジ採用により洗浄不要

用途・実績例

  • 細胞株開発(Cell Line Development)
  • シングルセルゲノミクス
  • 細菌叢からの微生物の単離

概仕様

⟺ スクロールできます
機種名 c.sight b.sight f.sight
用途例 細胞株開発
シングルセル解析
微生物の単離 細胞株開発
シングルセル解析
装置構成 装置本体(XY自動ステージ、制御PC内蔵)、モニター、専用アプリケーション
装置サイズ(本体) W 600×D 400×H 240 [mm]
装置重量(本体) 30 [kg]  32 [kg]  35 [kg] 
細胞分離注入方式 画像処理技術とインクジェット技術の組合せ
細胞液のセット方法 ディスポーザブルカートリッジ(滅菌パック入り)へのマイクロピペットによる注入
(必要液量10 μℓ以上)
分離細胞サイズ目安 5~35 [μm] 
(PC上で選別サイズを指定)
※注1)
1~5 [μm] 
(PC上で選別サイズを指定)
※注1)
5~35 [μm] 
(PC上で選別サイズを指定)
※注1)
分注対象マイクロプレート 96、384ウェルプレート (標準タイプ、PCRタイプ)
搭載可能ウェル数 1 枚
分離精度目安 90%程度 ※注1)
分離速度目安 96ウェルプレートに対して 3~7 分  ※注1)
分離可能蛍光色素 緑色蛍光色素
(GFP、FITC、CT-Green、DyLight、 Calcein AMなど)
レーザー性能 473 [nm]  100 [mW]
※ 注1)溶液濃度、細胞種、細胞の懸濁状態や培養液によります
※ 液種や分散媒によっては安定分注できない液があります
※ 仕様は予告なしに変更することがあります
※ 詳細はお問い合わせください


※ 本製品はドイツcytena社とのコラボレーションにより製品化しました

ご相談・カタログ請求・見積依頼はこちらから

お問い合わせ・カタログ請求

※ 機密保持契約の有無にかかわらず、 ご相談内容は機密情報として取扱い、第三者には一切開示いたしません。
※ お問い合わせの際には、「よくあるご質問」もご一読ください。