着滴・液滴観察機器

印刷やパターニング後の作製物は液滴の着滴後の乾燥や浸透した結果できたものです。
着滴直後の濡れ広がりや乾燥・浸透過程を観察することにより作製プロセスの情報が得られます。
この情報により液材の調整や乾燥条件の最適化により、より目的に近い作製物を得るためのアプローチが可能となります。
作製されたものを見て得られるのはあくまでも2次情報であり、液滴の分離状態や着滴状態、更には乾燥や浸透過程の情報は1次情報になります。
重要なことはこの1次情報をまず得て、それを活かすことです。

開発プロセスの図

当社では液滴観察装置を1990年代より開発し世界に先駆けて販売してきました。
JetScopeという可視化装置と、可視化した画像データから自動的に液滴スピードや液滴体積を計算するJetMeasureから構成されています。
一般的にはドロップウォッチャーと呼ばれることもあります。
当社の描画装置には標準でこの液滴観察装置が搭載されています。

また、着滴の状態を撮影、測定することが可能なDropMesureは指定位置に正確にピコリットルの体積で液滴を着滴させる事が可能であり、世界で唯一真上と真横から着滴状態を高速度カメラで撮影可能です。
極小部位の接触角測定も自動で行えます。
撮影の原理図は下記になります。

着滴・液滴観察機器一覧

インクジェットは研究目的に応じて最適な装置が異なりますので、目的よりご選択ください

初めてご使用を検討される方は
「選び方ガイド」へ