機器・ソフトウェア

吐出実験キット

ヘッド・コントローラー・液滴観察機能が一式揃う

本装置はインクジェットの基礎実験や吐出液の開発・評価を目的とした装置です。
装置構成はシンプルで扱いやすく、インクジェット吐出液の開発や自社装置へ組み込んでのサンプル作製などに適しています。 外部トリガ端子付ですので、移動ステージと連動させての吐出も可能です。

  • IJK

    商品説明

     

    特徴

    • パソコン上でヘッド駆動条件を設定可能
    • 吐出トリガー端子付→移動ステージと連動させての吐出が可能
    • 研究目的や液物性に合わせて、ヘッドを選択可能
    • 吐出液滴の観察、測定が可能(IJK-200S)
    • 研究開発の進捗に合わせ、本キットをスポッター装置へアップグレード可能(LaboJetシリーズ)

    用途・実績例

    • インクジェット液材料の開発・評価
    • 金属ナノ粒子液、UVインク、オイル、DNA、タンパク、抗体、細胞液 等の吐出
    • 少量の液での吐出実験、デバイスの試作(最低必要量約0.3cc)
    • 各種実験装置、生産システムへの組み込み 等(IJK-200H)

    詳細

    • インクジェットヘッドおよび、ヘッドコントローラーが別途必要です

    概仕様

    ⟺ スクロールできます
    機種名 IJK-200H IJK-200S IJK-500S
    キット名 ヘッドキット 吐出実験キット
    用途 液の吐出 インク、液材料の吐出実験
    装置構成 1ノズルヘッド
    ヘッドコントローラ
    容器
    1ノズルヘッド
    ヘッドコントローラー
    CCDカメラ
    レンズ
    XYZステージ
    ベーステーブル
    マルチノズルヘッド
    ヘッドコントローラー
    CCDカメラ
    レンズ
    XYZθステージ
    ベーステーブル
    容器ホルダー

    ※ 仕様は予告なしに変更することがあります
    ※ 詳細はお問い合わせください

  • PJK

    商品説明

    ついに究極のディスポタイプのインクジェットヘッドがマイクロジェットから発売開始となりました。
    その名もPipeJet!読んで字のごとく交換部分は接液部のパイプのみ。
    従来も使い捨てヘッドはありましたが、ピエゾ素子を含むヘッド全体を交換するため、ランニングコストは結局高くついてしまいました。しかし今回のPipeJetはPipe部分のみ簡単交換。ランニングコストを従来にくらべて大幅にカット。しかも必要な液量は数マイクロリットル。 液種毎に交換できるので、洗浄不要、コンタミリスク0。
    自社の実験装置や生産装置にも簡単に搭載できる専用のソフトとコントローラーも一式付属。 バイオ分野にも、待ちに待った本格的なピエゾインクジェット時代の到来です。

     

    特徴

    • ピエゾ方式でナノリットルの液滴をデジタル制御
    • ディスポーザブル構造により洗浄不要、低ランニングコスト
    • 自作の装置へビルトイン可能
    • 高粘度液対応(液非加熱で400mPa・sまで)
    • 最少必要液量10マイクロリットル以下

    用途・実績例

    • DNA、タンパク、抗体、試薬のナノリットル分注
    • 細胞液、ビーズ液の分注
    • プリンテッドエレクトロニクス用液材料の吐出
    • フラックス、接着剤、UV硬化液の吐出

    概仕様

    ⟺ スクロールできます
    機種名 PJK-200H PJK-200S
    キット名 ヘッドキット 吐出実験キット
    用途 液の吐出 インク、液材料の吐出実験
    装置構成 1ノズルヘッド (PipeJet)
    ヘッドコントローラ
    容器
    専用ソフトウェア
    1ノズルヘッド (PipeJet)
    ヘッドコントローラー
    CCDカメラ
    レンズ
    XYZステージ
    ベーステーブル
    専用ソフトウェア

ご相談・カタログ請求・見積依頼はこちらから

お問い合わせ・カタログ請求

※ 機密保持契約の有無にかかわらず、 ご相談内容は機密情報として取扱い、第三者には一切開示いたしません。
※ お問い合わせの際には、「よくあるご質問」もご一読ください。