IJ Q&A

試薬の超微量分注を実現するインクジェットヘッド「GlassJet」とは?

従来分注技術による微量スポッティングの課題

試薬、タンパク質、ペプチド、DNA、多糖類などをはじめとするバイオマテリアル液材料を微量スポッティングするために、従来から電磁バルブ、ディスペンサ、ピン(ニードル)による分注、スポッティングが主に使われてきましたが、以下の課題がありました。

  • 液材料のスポット精度のバラツキが大きい
  • スポット形成速度が遅く、大量生産に向かない
  • スポット径が大きすぎて、チップの高密度化が行えない
  • 液材料のムダが多く、希少で高価な液材料を使えない

従来課題の解決方法

これらの解決のためにプリンターとして使われているインクジェット方式も検討されてきたのですが、実はインクジェットは水の様に粘度が低く、表面張力が高い液体の安定吐出が一般的に困難です。
また、サンプルを数cc準備する必要があるなど、ライフサイエンスでの応用にはいくつも課題がありました。

そこで弊社ではこれらの課題を解決するためにバイオ・ライフサイエンス専用インクジェットヘッド「GlassJet」を開発し、以下に示す多くのライフサイエンス用装置を提供しています。

図:GlassJet


表:GlassJetヘッドによる課題解決
従来のインクジェット技術の課題 GlassJetヘッドによる課題解決方法
水が吐出できない 純水の表面張力である73mN/mでも吐出可能なヘッドを開発/td>
多種類の液が同時に吐出できない ヘッドを1ノズル化し複数搭載を可能に
デッドボリュームが大きい 液流路の簡素化かつ吸上げ対応ヘッドを開発
ヘッド洗浄ができない 液流路の簡素化により洗浄を容易に

「GlassJet」の詳細はこちら

バイオ・ライフサイエンス専用インクジェット微量分注装置LaboJet-Bio

微量な液材料を吸い上げて自在に分注やパターニングを実現する卓上サイズのインクジェット装置です。
自動洗浄により1ヘッドで多種類の液材料のハンドリングが行えるため、卓上で試作試験を行うことができます。

「LaboJet-Bio」の詳細はこちら

バイオチップ製造用インクジェット装置NanoJet

最大12本のインクジェットヘッドを搭載し、多種類の微量試料液を吸い上げて、ピコ~ナノリットルで自在な分注を実現したバイオチップ製造装置です。
各種バイオチップに対応しており、生産量に応じて装置カスタマイズも可能です。

「NanoJet」の詳細はこちら



お問い合わせ先

株式会社マイクロジェット 技術営業グループ