製品情報

LaboJet-Bio

基礎研究用1液種スポッター

ピコリットルの液体ハンドリング
バイオチップから回路形成まで

商品説明

微量な液材料を吸い上げて自在に分注やパターニングを実現するインクジェット装置です。液容器を最大16個までセットし、多種類の液のハンドリングも可能。液容器から機能性液材料を供給するモデルもラインナップしています。

特徴

  • 少量の液を自動で吸い上げて、分注・パターニング(最少必要量0.2ml)
  • 自動洗浄により、1ヘッドで多種類の液材料をハンドリング
  • 飛翔液滴のモニタリング機能標準搭載
  • ワークのアライメント機能やテーブル観察機能搭載
  • 独自開発の高表面張力や高粘度対応ピエゾヘッド搭載

用途・実績例

  • タンパク、抗体、DNA、酵素、細胞、試薬の分注・パターニング
  • 各種バイオチップやバイオセンサーの作製
  • ナノ金属インクによる回路形成
  • 各種電子デバイスの試作 等

概仕様

⟺ スクロールできます
機種名 LaboJet-600Bio
装置構成 本体(XYZ3軸ステージ) ステージコントローラー ヘッドコントローラー 制御用PC 専用アプリケーション
装置サイズ(本体) 約 W620 × D510 × H610 [mm] ※突起部除く
搭載ヘッド 吸い上げ式1ノズルヘッド 1個(容器からの供給も可能)
吐出液滴量 5~1000 pl / 滴 ※ヘッド種類や使用する液種による
吐出液 DNA、タンパク、抗体、細胞液、試薬、酵素、バイオマテリアル、インク、高分子液、ナノ粒子液(Au、Ag)、水系・油系・溶剤系など ※液種によっては安定吐出できない液があります
分注・パターンニング内容 分注、スポッティング、点・線・面のパターンニング、ビットマップ印刷(オプション)
分注・パターンニング領域 W40 × D80 [mm] テーブルサイズ:W50 × D100 [mm]
ワーク位置合わせ テーブル観察カメラにより高精度な位置合わせ
パターンニング精度 手動テーブル回転機能
飛翔液滴観察機能 CCD(モノクロ)、発光部、発光制御部はヘッドコントローラーに内蔵
使用環境 15~30℃ 20~70%RH
オプション ヘッド駆動条件自動設定機能、加熱テーブル、吸着テーブル、ビットマップ印刷、専用クリーンブース、インターロック 等
※ 仕様は予告なしに変更することがあります
※ 詳細はお問い合わせください

ご相談、お問い合わせは下記にてお願いいたします

製品お問い合わせ 機密保持契約の有無にかかわらず、 ご相談内容は機密情報として取扱い、第三者には一切開示いたしません

※ 当社プライバシーポリシーをご確認いただき、ご同意の上で送信してください。
※ お問い合わせの際には、「お問い合わせの前にご確認ください」もご一読ください。