インクジェットコラム

InkJet Academy 【WEBセミナー】 開催!

新型コロナウイルスの感染拡大が報じられていますが、皆様のお住まいの地域ではいかがでしょうか。

ワクチン開発も急ピッチで進められていますが、リモートへの変化の波は止まらないことが予想されます。

そこで今回は、皆様のインクジェット開発に少しでもお役に立てるよう、これまでセミナー会場で行っていた『InkJet Academy』を 【WEBセミナー】 としてリニューアルしました。

新規開催 インクジェットWEBセミナー

◆ついに ◆ InkJet AcademyをWEB形式にて開催いたします!


これまで、遠方でセミナー会場の都内までの出張が難しかった方や、昨今の新型コロナの影響でセミナーへの参加が難しかった方もパソコン環境があれば 、気軽にオフィスやご自宅からご参加いただくことができる様になりました。
さらに、自分の時間の都合がよい時に視聴でき、分割して視聴できるため時間がとれる分だけ学べる仕組みになっていますので、従来のセミナーと比べ、格段に学びやすい環境になっています。

今回は、『入門編』として、以下2つのテーマで開催させていただきます。

■Aコース: インクジェット吐出原理と各社インクジェットヘッド
■Bコース: インクジェット吐出液とヘッドとの関係

皆様からのお申込み、お問合せ、お待ちしております。


Aコース インクジェット吐出原理と各社インクジェットヘッド


セミナー概要

各社のピエゾインクジェットヘッドは、構造や部材の違いによりそれぞれ適した液が異なっています。
これらの違いを理解することにより、自社の目的や液に合ったヘッドを選定できるようになることを目的とします。
特に、FujifilmDimatix社、コニカミノルタ社、東芝テック社、リコー社のヘッドに対しては実際の吐出状態の画像を用いて特徴を解説します。

セミナーで得られる知識

  • 世界のピエゾインクジェットヘッドメーカーとその吐出方式
  • 各社ヘッドの違いと特徴及び適した液(インク)について
  • 最近のインクジェットヘッドの技術動向
  • 循環式ヘッドの特徴について

詳細はこちらから「Aコース開催概要」


Bコース インクジェット吐出液とヘッドとの関係


セミナー概要

ピエゾ式インクジェットヘッドを用いて安定吐出する上で求められる液物性について解説します。
一般的に公開されている粘度やpH、表面張力以外にどのような液物性が吐出状態にどういった影響を及ぼすかを実例を交えて説明します。

セミナーで得られる知識

  • ピエゾ式インクジェットヘッドの吐出原理と液物性との関係
  • 吐出に影響を与える液物性
  • 各社インクジェットヘッドに求められる液物性
  • 液物性と吐出特性との関係

詳細はこちらから「Bコース開催概要」



開催概要

申込受付期間 ◆受付中◆
視聴可能期間 各コース7日間
視聴可能回数 1回
履修時間 各コース約2時間
開催場所 WEB開催
受講費用 1名 45,000円(税別) ※各種割引制度あり

★2021年1月31日まで オープン記念特別価格 40,000円(税別)★


「セミナー受講案内」はこちらから



WEBセミナーに関するお問い合わせ先

株式会社マイクロジェット 技術営業グループ WEBセミナー係