IJ Q&A

インクジェットヘッドはどう選べばいいのか?

産業用マルチノズルインクジェットヘッドは、世界十数社のヘッドメーカーから提供されています。
各社、数種類~数十種類のヘッドを扱っており、非常に多くの産業用ヘッドが市場に提供されています。

メーカーから提供されるヘッドの仕様を見ると、細かい違いはありますが、解像度や吐出量など、どのメーカーも似通った値を持っています。
一方で、どの液でどのような特性を発揮できるのか、着滴位置精度はどの程度なのかといった細かい情報の開示に関しては、メーカーごとに異なっており、詳細な情報の取得は難しい状況です。
そのような中、インクジェットヘッドを用いた機器システムを構築する場合、初期段階でインクジェットヘッドを選択するプロセスが発生します。

市場にある多くのヘッドの中から、どのメーカーのどの種類のヘッドを使うかは、ユーザーにとってどれほど重要なことなのでしょうか?

実は、同じヘッドメーカーのヘッドであっても種類ごとに特徴があり、それぞれ特性が大きく異なります。
そもそも、本来は画像印刷用に開発されている産業用インクジェットヘッドのため、画像印刷以外の用途で用いる場合は、ヘッドごとの特徴を正確に把握し、目的を実現しやすいヘッドを選定してから研究を始めることが重要です。
間違ったヘッドを選定したがゆえに、数年後にそのヘッドでは目的とする信頼性が得られないといった事実が判明した例も見受けられます。