インクジェットコラム

やってはいけない!こんなIJ開発【No.5】 インクジェット開発プロジェクトを大々的に立ち上げる

インクジェットの研究開発に長年携わっている中で、これはやめた方がいいという研究例を紹介します

インクジェット開発プロジェクトを大々的に立ち上げる

インクジェットのものづくりへの応用は、会社によっては今後の会社の将来を左右するため、大きなプロジェクトになる場合があります。

しかしながら、インクジェットのプロジェクトは大きな成果が期待できるものであればあるほど、難易度は一般に高くなります。
そのため、多額の開発資金や多くの時間を必要とします。

このようなプロジェクトを大々的に立ち上げると、社内での注目度は高まりますが、その一方で、短期的な成果まで求められるようになります。
インクジェット開発は規模が大きければ大きいほど、数年単位の時間がかかりますので、成果を早い段階で期待されても通常はなかなか期待するほどのものが出てこないため、プレッシャーだけがかかり、現場レベルでは混乱が助長されます。

完成という最後のゴールだけを見た成果ではなく、完成までの各プロセスごとにその目標到達点を明確化し、その目標に対する結果を評価するということが必要になります。
上層部になればなるほど、短期的な成果を求めがちですが、そのようなTOPの元では、インクジェット開発は成功する確率が低くなるといえます。


インクジェットの開発に関する詳細なお問合せは、以下にご連絡ください。

お問い合わせ先

株式会社マイクロジェット 技術営業グループ