BioSpot 最新装置

商品説明

究極のディスポタイプのピエゾインクジェットシステムを搭載したスポッター&分注装置がマイクロジェットから発売開始となりました。
その名もBioSpot! PipeJetテクノロジー搭載により、液と触れる部分のパイプのみ交換のため、コンタミやランニングコストの問題を解決しました。従来の使い捨てヘッドはピエゾ素子まで交換していたため、ランニングコストは結局高くついてしまいました。しかし今回のPipeJetではPipe部分のみ簡単交換。ランニングコストを従来にくらべて大幅にカット。 しかも必要な液量は数マイクロリットル。更に高精度&高速&非接触を兼ね備えています。液種毎に交換できるので、洗浄不要、コンタミリスク0。 バイオ分野もちろんエレクトロニクス分野でも、様々な液材をパターニングして各種デバイスの作製が可能です。

特徴

  • 最大12種類のバイオマテリアルをナノリットルで高精度にハンドリング
  • ディスポヘッドにより洗浄不要、低ランニングコスト
  • 高価な試薬やバイオマテリアルを大幅に節約(必要液量10μℓ)
  • 最大100ミクロンの粒子含有液(細胞、ビーズ等)もハンドリング
  • 液滴観察カメラ標準搭載

用途・実績例

  • DNA、タンパク、抗体、酵素、試薬の分注・スポッティング
  • マイクロウェルやμーTAS、流体デバイス、微細穴への液注入
  • 細胞液やビーズ液の分注
  • 各種バイオチップの作製

装置外観

BioSpot外観

※仕様は予告なしに変更することがあります。
※詳細はお問い合わせ下さい。

Biofluidix GmbH

機密保持契約の有無にかかわらず、
ご相談内容は機密情報として取扱い、第三者には一切開示いたしません。

▲ページの先頭に戻る